ハンズオンで学ぶフロントエンドフレームワーク(Svelte編)

タイトル: ハンズオンで学ぶフロントエンドフレームワーク(Svelte編)

日時: 2023年5月13日(土)
13:00-18:00(受付開始: 12:30)
会場: オンライン(Zoom開催)

概要:JavaScriptはWebアプリケーションのフロントエンドを実装する際によく利用されています。2023年1月11日に公開されたJavaScript関連のツール等に関する調査 State of JavaScript 2022 (https://2022.stateofjs.com/ja-JP/) では、フロントエンドフレームワーク(以降、FW
)に関する最新動向を発表しており、最も利用率が高いFWはReact、最も興味が高いFWはSvelteでした。
Svelteは2016年にリリースされ、名前は認知されつつある一方で、導入事例はほとんどない状況です。Svelteではコンパイラ技術を応用することで、React等の近代的なFWと比較して、より小さいファイルサイズで、より高速に動作するWebアプリケーションを開発できます。昨年末にSvelte専用のサーバーサイドFWであるSvelteKitのバージョン1がリリースされたこともあり、今まさに注目されている新しいFWです。本講義では、各自のペースにて実際にWebアプリケーションを実装していただき、短期間でSvelteの基礎概念と使い方を習得することを目指します。
なお、本講義は二部構成の第2回であり、第1回ではReactを取り上げました。React(もしくは類するFW)をご存じの方は、第1回を受講しなくとも受講できるように設計しております。

セミナー内容:
Svelteの特徴と主要なフロントエンドフレームワークとの相違点
開発環境の構築(任意・ハンズオン)
開発環境の構築は任意であり、Webブラウザ上で開発するための環境を別途ご用意いたします。
Webアプリケーションの実装(ハンズオン)
TODOアプリ(予定)の開発を通して、Svelteの使い方を学びます。
OSSを活用して、第三者が提供するUI部品の使い方を学びます。
ローカルストレージを活用して、データの永続化方法を学びます。
LinterやFormatterを活用して、コードの品質を高める方法を学びます。
Reactのコードとの比較を通して、Svelteの優れている点を学びます。

受講対象者:

  • 開発用のパソコンを用意できる方。
  • 開発環境を構築しない場合、Webブラウザを利用できるパソコンが必要です。
  • 開発環境を構築する場合、Mac OS または Ubuntu を利用できるパソコンが必要です。Windowsユーザの方は、WSL2上にUbuntuをインストールすることを推奨します。
  • HTMLおよびJavaScriptに関する基礎的な知識がある方。
  • React(もしくは類するFW)に関する基礎的な知識がある方。

講師:坂本一憲(WillBooster株式会社 代表取締役、東京通信大学 准教授、早稲田大学 研究院客員准教授)
国立情報学研究所の助教、IT系のベンチャー企業のCTOを経て、研究成果の事業化および研究者支援のために起業。研究者・技術者・教育者・起業家の4つの顔を持つ。専門はソフトウェア工学(ソフトウェアテスト・プログラム解析)、プログラミング教育、動機づけ・行動変容。プログラミングコンテストが好きで、少なくとも年に1回はコンテスト関連のイベントに従事。早稲田大学大学院博士後期課程修了、博士(工学)。未踏スーパークリエータ。

定員: 40名(先着順)
※定員に達し次第,申し込みを締め切らせていただきます。 最少催行人数を5名とします。

受講料:39,000円(消費税込み)

参加申込方法: 参加申込みサイトより必要事項を入力の上、お申込みください。 ZoomのURLはセミナー開始前に改めてご連絡させて頂きます。
https://ws.formzu.net/fgen/S91059831/

※PCは必須です。各自ご用意いただく形となります。

主催: NPO法人 トップエスイー教育センター
共催:早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
協賛:スマートエスイー、スマートエスイーコンソーシアム

お問合せ窓口: セミナーに関するご質問などは、下記アドレスにて承ります。
inquiry_[at]_topse.or.jp ※_[at]_部分を@に変えてください

ハンズオンで学ぶフロントエンドフレームワーク(React編)

タイトル: ハンズオンで学ぶフロントエンドフレームワーク(React編)

日時: 2023年4月15日(土)
13:00-18:00(受付開始: 12:30)
会場: オンライン(Zoom開催)

概要:JavaScriptはWebアプリケーションのフロントエンドを実装する際によく利用されている言語です。2023年1月11日に公開されたJavaScript関連のツール等に関する調査 State of JavaScript 2022 (https://2022.stateofjs.com/ja-JP/) では、フロントエンドフレームワーク(以降、FW)に関する最新動向を発表しており、最も利用率が高いFWはReact、最も興味が高いFWはSvelteでした。
本講義では、二部構成でハンズオン形式でReactおよびSvelteを学び、FWの最新動向を理解します。第1回(4月15日)にReactを、第2回(5月13日)にSvelteを取り上げます。
Reactは2013年にリリースされ、知名度も高く、実務での導入事例も多数出ています。旧来のフロントエンド開発はjQueryによる実装が中心でしたが、コードが手続き的になり保守しにくく、また、コンポーネント化による再利用が難しいという問題がありました。一方、Reactのコードは宣言的で保守しやすく、コンポーネント化により複雑なフロントエンドを少ない工数で実装できます。本講義では、各自のペースにて実際にWebアプリケーションを実装していただき、短期間でReactの基礎概念と使い方を習得することを目指します。
なお、第2回で取り上げるSvelteは2016年にリリースされ、名前は認知されつつある一方で、導入事例はほとんどない状況です。そこで、React(やVue.js、Angular)をご存じの方はSvelteの講義だけを受講でき、フロントエンドFWに馴染みのない方は両講義を受講できるように二部構成としております。

セミナー内容:

  1. JavaScriptフロントエンドフレームワークの歴史
  2. Reactの特徴と主要なフロントエンドフレームワークとの相違点
  3. 開発環境の構築(任意・ハンズオン)
  4. 開発環境の構築は任意であり、Webブラウザ上で開発するための環境を別途ご用意いたします。
  5. Webアプリケーションの実装(ハンズオン)
  • TODOアプリ(予定)の開発を通して、Reactの使い方を学びます。
  • OSSを活用して、第三者が提供するUI部品の使い方を学びます。
  • ローカルストレージを活用して、データの永続化方法を学びます。
  • LinterやFormatterを活用して、コードの品質を高める方法を学びます。

受講対象者:

  • 開発用のパソコンを用意できる方。
  • 開発環境を構築しない場合、Webブラウザを利用できるパソコンが必要です。
  • 開発環境を構築する場合、Mac OS または Ubuntu を利用できるパソコンが必要です。Windowsユーザの方は、WSL2上にUbuntuをインストールすることを推奨します。
  • HTMLおよびJavaScriptに関する基礎的な知識がある方。

講師:坂本一憲(WillBooster株式会社 代表取締役、東京通信大学 准教授、早稲田大学 研究院客員准教授)
国立情報学研究所の助教、IT系のベンチャー企業のCTOを経て、研究成果の事業化および研究者支援のために起業。研究者・技術者・教育者・起業家の4つの顔を持つ。専門はソフトウェア工学(ソフトウェアテスト・プログラム解析)、プログラミング教育、動機づけ・行動変容。プログラミングコンテストが好きで、少なくとも年に1回はコンテスト関連のイベントに従事。早稲田大学大学院博士後期課程修了、博士(工学)。未踏スーパークリエータ。

定員: 40名(先着順)
※定員に達し次第,申し込みを締め切らせていただきます。 最少催行人数を5名とします。

受講料:39,000円(消費税込み)

参加申込方法: 参加申込みサイトより必要事項を入力の上、お申込みください。 ZoomのURLはセミナー開始前に改めてご連絡させて頂きます。
https://ws.formzu.net/fgen/S62257772/

※PCは必須です。各自ご用意いただく形となります。

主催: NPO法人 トップエスイー教育センター
共催:早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
協賛:スマートエスイー、スマートエスイーコンソーシアム

お問合せ窓口: セミナーに関するご質問などは、下記アドレスにて承ります。
inquiry_[at]_topse.or.jp ※_[at]_部分を@に変えてください